40代の主婦の働き方

共働き世帯は1995年を境に専業主婦世帯を逆転し、2011年以降は働く主婦が増加しています。
40代主婦働き方として、結婚や子育てで仕事から離れていたが、自分が輝くために再び働き始める主婦が多いようです。

充実している人は、派遣を選択した方が多いようです。
ただし、地域性で仕方なくパートの人が多いのも事実のようです。

 

 

40代の主婦の働き方、働く理由

 

40代主婦働き方として、働く理由の99%は経済的な理由みたいです。
つまり、お金です。とっても分かりやすいです。

  1. 家計の補助・・・貯蓄や教育費の支払いで44%です。
  2. 生活を維持・・・ローン返済で36%です。
  3. 生活の向上・・・レジャーや趣味の費用で19%です。

 

40代主婦働き方で勤務時間などを調査すると、1日5時間、週5日の希望で100万円以内の希望が多いようです。

自分の収入に所得税がかからず、配偶者控除の適用、夫の社会保険に被扶養者として加入する、というしっかりした考えを持った40代主婦がほとんどです。

その他、通勤時間が長いと時間的にも体力的にも負担となるので注意が必要です。
勤務時間、給与、年齢の上限だけでなく優先順位を決めて探す必要があります。

 

 

40代主婦働き方として、大切な要点があります。
家族の理解をキチンと得る事です。当然ですが家事に掛けられる時間は減ります。
家事の分担など家族に納得してもらうことが必要です。

 

20代や30代とは違い、すぐに仕事があるわけではないと知ってください。
働き始めた時は、周囲の人よりは年上でも、職場では新人であることを忘れないように、教えてもらうという謙虚な姿勢が大切になります。

 

 

40代の主婦の働き方、稼ぎたいのだが

 

総務省の家計調査によると、世帯主(旦那)の平均月額賃金は20年間で7万円もダウンしています。

子供の教育費や老後の資金を考えれば、仕事して収入を得なければと思うのだが、やりたい仕事は体力面を考えて事務職であるが人気があり書類審査で落ちてしまう。

 

40代主婦働き方で譲れない条件は「自由に休める」事みたいです。
満足する時給、車で通勤、自宅から近い、シフト制などですが現状に甘い認識ではとも言えます。

子供が小さいうちは学校の行事も多く役員もさせられます。
子供は簡単に風邪をひきます。兄弟がいれば順番に引いていくのです。
希望は希望としても置かれている立場を認識しないといけません。

 

40代主婦働き方として、フルタイムかパートかが永遠のテーマと思います。
これには明確な答えはなく、人それぞれのライフスタイル・考え方で良いと考えます。

フルタイムのメリットは、収入が安定、年金も多め。
デメリットは、時間的な融通がきかない、家事との両立が大変。

パートのメリットは、時間が短い、気が楽、休みたい時に休める。
デメリットは、収入がすくない、突然辞めされられる。

 

 

40代の主婦の働き方、企業に属すだけではない

 

40代主婦働き方で、世間体を気にしたり、普通でいなければ。
そう思うことが多くなり、なんかつまらない人間になったなぁ~と考えてしまう事もある年代。
それが大人と言えばそうかも知れない。

遊び心というか子供の時の無邪気さ、無謀さを忘れ去るのはもったいない。
本当の私は違うはず。非常識にならない範囲で自分らしくをモットーにすれば、もっと気が楽になり楽しく生活できるかも知れません。型破りとまではいかなくても、型にはまりすぎない人を目指してもいいのでは。

 

40代主婦働き方は、パソコンが自宅にあれば在宅ワーカーの道も開けています。
自分の得意なことを職業にするプチ起業という道もあります。
子育て、介護など今置かれている環境や状況によって、働き方を臨機応変に変えていく柔軟さを持ち、自分に合ったスタイルを見つけていけば良いのです。

世の中の流れから「どうして働きたいんだっけ?」を、今一度考えてみてもいいのではないでしょうか?雇用する側もされる側も、まだまだ「昭和型労働」の呪縛に捉われている人が多いようです。

 

40代主婦働き方は、働き方が生活スタイルに直結します。働き方とは、自分の生き方を考えるのと同じ意味です。良い波に乗ってください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。