40代の主婦は派遣がいい

40代主婦は子どもに手がかからなくなると、無理のない範囲で働きたい。と誰もが思うものです。
そんな時、多くの主婦が迷わずパート勤務を選択する方が多いようですが、40代主婦派遣をお薦めする理由を説明します。

それは、希望する条件にピッタリの働き方が、派遣なら実現できるかもしれないのです。

 

 

40代の主婦は派遣がお薦め

 

40代主婦派遣の場合は、派遣会社が間に入り「会社 対 会社」で、就労条件を細かく取り決めているため、勤務先の都合に振り回されることはありません。
パートの場合は、「個人 対 会社」で、気づけば会社優先にせざるを得ない状況になります。

派遣先の企業の多くは、ゴールデンウィーク、夏季、年末年始が長期連休になります。
みんなが一斉に休みに入るので、帰省や旅行など自由に計画できるのです。
しかし、パートだと、なかなかそうはいきません。

 

パートやアルバイトさんの多い職場で、もっとも人材確保に苦労するのは長期連休の時期です。
そんなとき、近所から通勤している主婦はシフトの穴埋めに使われることが多いと聞きます。

しかも40代主婦派遣の場合は、無理なシフトを断りたくても断れない事情があります。
それは「普段、子どもが病気の時や行事の時に休ませてもらっている」という負い目。
今後の人間関係を考えて、休みたくても休めない方が多いという現状があります。

 

40代主婦派遣のお仕事は、オフィスワークが中心になります。
座り仕事が中心だから、体力的な負担が楽になります。

パートの仕事は、清掃、レジ打ち、軽作業など、立ち仕事が中心。
長年続ければ、腰痛や足のむくみに苦しむ可能性も秘めています。

 

40代の主婦が派遣を選ぶなら短期を狙う

 

派遣と言えば20代や30代が当たり前であるが、若い派遣さんは体調不良や仕事が合わない等で簡単に仕事を辞めてしまう。
その点、40代主婦派遣になると簡単にはやめないので重宝されているのです。

ただし間口はやすやすといかない厳しさはあります。
その対策として、まずは短期で雇用され、仕事ぶりを試してもらう。
その後に長期の派遣に変更してもらう。実力次第では直接雇用の可能性もあるのです。

 

派遣のお仕事は短期だと3か月位になるので通常は人気がありません。
そこで担当者は誰でもいいから!という事で、おばちゃんでもいい!になる。そこが狙い目です。

40代主婦派遣でキャリアなし、資格も実績もない、何も持たないものが派遣で高待遇を勝ち取る生き残り戦略です。

40代の主婦、派遣のメリット・デメリット

 

メリット
1、派遣はパートに比べて高時給で稼ぎやすい。
2、派遣は福利厚生や待遇がしっかりしている。
3、派遣会社の担当が付きサポートが手厚い。
4、派遣先との間に入ってくれるため不要なトラブルを避けられる。
5、派遣会社の制度や研修でスキルアップできる。

デメリット
1、交通費が支給されない場合があるので勤務先が遠い場合は注意。
2、契約内容が決まっているので我慢しなければいけない場合もある。
3、契約期間が終了すれば次の仕事を探さなければいけない。

 

40代主婦派遣では、「若い人と比べて私の方が絶対に仕事ができる」と自信がある主婦の方も多いと思いますが、正社員の応募は露骨に書類で落とされます。

年齢制限なしや、資格不問の求人をよく見かけると思いますが、40代以上の主婦になると書類審査の段階で落とされることも多いです。

 

40代主婦派遣では、「上司は年下になります。実際、年上の部下が扱いにくいと感じる企業は多く、「言った通りに仕事をしてもらえないんじゃないか?」という偏見もあるので、40代主婦の積極的な採用に至らないのです。

若い方の応募だとしたらどうでしょう?飲み込みが早い、残業などの融通が利く、フットワークが軽い、長く勤めてもらえるなど、採用してからのメリットがたくさんあるので、40代主婦派遣では、正社員採用の場合は特に年齢の若い方が有利で、高齢になるほど不利になります。

 

40代主婦派遣、まだまだ働けます。頑張りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。