集客と利益の相互関係

集客できれば利益は発生する

 

集客して利益を出すと一言で言っても。
利益に直結する集客は、誰に送るか?が重要です。
信頼関係ができていない相手にどんな情報を送っても、売上に直結しません。

価値のない商品・サービスを売る事は犯罪です。
しかし価値ある商品・サービスを売ることが出来ない事も犯罪です。

 

集客して利益を出すのは企業の使命です。。
会社は利益をだしているからこそ、社員は笑顔で仕事ができるのです。
お客様以外、お金をくれる人はいないのです。その認識をしっかり持つ事です。
無ければ借金するしかないのです。

 

集客して利益を出すことを真剣に考えなければいけません。。
集客が思うままにできたら、どんなメリットがあるか!?

1、会社の売り上げが上がる。
2、社員の給料が上がり、心と生活にゆとりが生まれる。
3、取引先からの信頼を獲得できる。
4、お客様や社会的に認知され、仕事がしやすくなる。
5、利益から、さらに良い製品・サービスを提供できる。

集客にも利益にも仕組み化が必要

 

集客して利益を出すために、いろいろ試すことは必要だが。
広告を出した、集客は出来た、売上げは上がった、でも利益が増えていない。
これでは困ります。支出は少なく、利益は多くが必要です。

集客には仕組みがあります。そして利益を出すにも仕組みがあります。
何も考えないで偶然に利益が出ても一過性ではビジネスになりません。

 

集客して利益を出す仕組みとして。
商品には、「集客するための商品」と「利益を得るための商品」があります。
いわゆる、フロントエンド商品とバックエンド商品の事です。

例として、家のリフォームでいうと網戸の張替えで会話して、外壁塗装の受注を取る。
蛇口のパッキン交換だと家に上がり会話しながら、外壁塗装の受注を取る。
雨樋修理だと屋根にはしごをかけ痛みを見れるので、屋根工事の受注を取る。
換気扇掃除や草むしりも同様です。

 

集客して利益を出すママ・パパ対策として。
お子様連れ歓迎!
ベビーカー入れます!
この言葉を宣伝文句にするだけで来店数が増えます。

周囲に迷惑がかからない。ベビーカー移動がストレスなく出来る。
ママやパパは、こういう場所を探しているのです。

 

集客して利益を出すには。
お客様が何を求めているかを考え、実施すればよいのです。

 

集客と利益にFacebookを利用

 

Facebookには、4つのページがあります。
これらを上手に使うと集客がしやすくなります。

1、Facebook個人ページ。
・・・ファン作り。
・・・自己紹介、プロフィール写真などが重要。

2、Facebookページ。
・・・コミュニティ、ファン作り
・・・お客様を逃がさないようにする

3、Facebookグループ。
・・・お客さん同士のつながりを強くする。
・・・強いクチコミが発生、クチコミを自然に起こさせる。

4、Facebookイベントページ。
・・・イベント案内。
・・・拡散機能がある、多くの人に告知が可能。

これらのページ数が多ければ多いほど拡散力が強まり、より確実な集客が見込めます。

 

【Facebook基本設定】メラビアンの法則・・・人間が他人の第1印象を決める時。

1、服装、髪型、表情、態度・・・55%。
2、声の大きさ、話し方・・・・・38%。
3、話の内容・・・・・・・・・・ 7%。

 

これで分かるように、「見た目」はとても重要なのです。
見た目とは、外見的な美しさや綺麗とかでなく、「信頼」できるのか?になります。

 

そのため、基本設定として、これらがとっても大切です。

1、自己紹介文。
2、プロフィール写真。
3、カバー写真。

人間は、見た目の1秒だけで、その人を判断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。