金持ちのブサイクと貧乏なイケメン

既婚女性300人に聞いた、あなたが幸せだと感じる瞬間は?
1位:夫婦の時間・会話、2位:夫の気遣い・優しさ、3位:子供の存在でした。

日本の平均年収は約420万円ですが、年収400万の人と年収800万の人では幸せ度は変わらないというデータがあるらしい。
年収が高いと残業時間が増える、会話がなくなる、寂しさも増えるという事のようです。

平日1日16分の会話は、年収120万と同じ価値があるというデータもあるらしい。
自分のことを大切に思ってくれて夫婦の時間をちゃんと持ってくれるかは大切です。

金持ちのブサイク貧乏なイケメンどちらがいいかの問題。
結婚相手は、お金や顔ではないらしい。本当なのか?

 

 

金持ちのブサイクと貧乏なイケメン、どっちがもてる

 

金持ちのブサイク貧乏なイケメンか、日本人の平均を考えた場合に、ブサイクよりも、イケメンの方が生涯年収が5000万高いというデータが出ています。

企業などであっても、普通の対応が出来れば面接では、外見のよい方を採用する事が分かっています。

女性の場合、美人とブスを比べると生涯年収は2800万円の差が出ると言われています。
男性に比べると、女性の方が美人とブスによる賃金格差は狭いです。

 

金持ちのブサイク貧乏なイケメンかで、愛はお金で買えない問題も存在します。
紀州のドンファンと呼ばれた野崎幸助さんは、4000人の美女に30億を貢いだとされています。

しかし、最後は覚醒剤で死んでしまいましたし、葬式の時にも20人程しか参列しない、淋しい葬式だったようです。

4000人の美女が野崎幸助さんの葬儀に参列したと言えば、恋愛におけるお金の強さを感じますが、実際にお金を貢いだ美女は、一人も来なかったのではないでしょうか?

 

金持ちのブサイク貧乏なイケメンかで、イケメンの場合ですが、貧乏であったとしても将来性を買われて選ばれる事も多いです。

イケメンで貧乏だった場合に、夢を語ったりすれば女性の場合は、「応援してあげたい」となり、選ばれる事も少なくありません。

イケメンの場合は、貧乏であっても見ているだけで癒されるという特徴があります。それを考えれば、ブサイクに金があったとしても、イケメンの貧乏が選ばれる事になります。

 

 

金持ちのブサイクVS貧乏なイケメン

 

金持ちのブサイク貧乏なイケメンか、普通の人ならば、迷わずに、ブサイクでもいいからお金持ちを選ぶと思います。

理由は、ニッポンは資本主義社会で、福沢諭吉をたくさん持っている人が偉い!!という考えの人が多いからです。

福沢諭吉のニッコリ笑顔が印刷された紙切れを、いかにたくさん持ってるか?が、豊かさの象徴として図られるのです。
だから、資本主義では、ルックスは、それほど重要ではないのです。

 

金持ちのブサイク貧乏なイケメンか、確かにルックスが良い人のほうが、初対面の人からの第一印象がハンパなく良くなったり、様々なメリットがあると思います。それは間違いないです。

顔がドン引くほどブサイクな人でも、お金持ちになれば、どんな夢だって叶えることができますし、ほとんどのストレスも消滅します。

例えば、イケメンの貧乏人が、会社の上司にガミガミ怒られてストレスまみれの中、ブサイクな金持ちは、自宅のリビングのソファーに寝っ転がりながら、スマホでゲームをプレイすることができるのです。

金持ちのブサイク貧乏なイケメンか、イケメンの貧乏人が、お金がなく、夕食のメニューがもやし1パックなのに対し、ブサイクなお金持ちは、甘い音楽がかかるイタリアンレストランで、優雅にトロットロ!の半熟卵がのっかったカルボナーラを食べることができるのです。

イケメンの貧乏人が、お金をケチりまくって友だちが離れていくのに対し、ブサイクな金持ちは、お金をケチらずに気前がいいので、たくさんの仲間ができて、涙を流すほど幸せな人生を送ることができるのです。

金持ちのブサイク 貧乏なイケメン かでは、このように、貧乏人のイケメンが涙をこぼすとき、金持ちのブサイクが、太陽のようなキラッキラッな笑みをこぼすのです。

貧乏人のイケメンVS金持ちのブサイク、この勝負の勝者は、金持ちのブサイクに決定かな?

 

 

金持ちのブサイクが貧乏なイケメンに勝った

 

「貧乏なイケメン」VS「金持ちのハゲ」⇒「金持ちのハゲ」が選ばれた。
結婚するならどっちがいい? 女性へのアンケート結果である。

女性の結婚感は、「ルックス」でなく「経済力」のようである。
現実的なのか? 夢がないのか? ちょっと寂しい。

やっぱり“稼ぐ男が一番”のようだ。
ウソだろう?って思うのは俺だけか?

 

金持ちのブサイク 貧乏なイケメン か、お金と結婚したい女性が多いというのが分かった。
では、貧乏でハゲの人は、どう生きたらよいのか?
愛はお金で買える・・・という事なのだろうか?

収入アップのため、副業してる男女比を調べると、男性より女性の方が圧倒的に多いみたいだ、しかも主婦が多い。

 

金持ちのブサイク 貧乏なイケメン か、貧乏なイケメンを選んだ主婦の反省なのか?
やっぱり“お金が一番”と悟ったのか?
あわてて経済的な自立に向けて行動しているのであろうか?

こんなアンケート結果を聞くと、このままでは“捨てられる”って思う男性や、納得してしまう女性がいるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金持ちのブサイク 貧乏なイケメン か、話は変わるが、サラリーマンは給料が少ないくせに、偉そうにする人が多い。自信がない人の特徴である。高慢と卑屈の典型的なパターンである。

同じサラリーマンでも役職の高い人ほど腰が低く謙虚である。
給料が多くなり心の余裕なのかも知れない。

お金って、その人の性格まで変えるって聞いたことがある、お金が全てではないと思うが、生きるに当たり、お金は重要な要素の一つであることは間違いない。

 

副業は、いろいろありますが、もし在宅でインターネットを利用したのであれば、私、赤洲次郎が推薦するビジネスも選択肢の一つです。

 

詳しくは下記を参照してください。

十分なフォローはさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。