起業で何かが違う人

起業で成功する何かが違う人

起業で成功する何かが違う人は、人間としての魅力の他に特徴があるようです。

1、起業何かが違う人は、口だけではなく、すぐに行動する。

評論家のように起きた事への観測や意見を机上で言うだけでなく、そのアイデアはどうしたら具体化できるかを考え行動する。

 

2、起業何かが違う人は、悩む時間が短い。

他人に相談したり、冷静に万一の時はなどと考えるのは時間のムダと考える。
良いと思ったら一目散に行動する。

 

3、起業何かが違う人は、覚悟が決まっている。

起業家や経営者は何の保証もない崖っぷちの状況です。
本当にやりたい事であれば、それが楽しめ、失敗すれば終わりという覚悟は必要。

 

起業何かが違う人は、コツコツ継続する力がある。

毎日やるべき事項をコツコツ積み重ねることで、それが信用とか信頼になると知っている。

 

5、起業何かが違う人は、人とのご縁を大切にする。

ビジネスは自分一人でなく、自分と関わる人の数と比例します。
それに対応できるためにも、自分の人間性を高める事が大切になります。

 

6、起業何かが違う人は、自分に投資する。

情報収集や人とのコミュニケーションで質の高いインプットをし、アウトプットを行う。
時代の変化や社会の動き経済の動きにも敏感なアンテナが必要。

 

7、起業何かが違う人は、他人に尽くす。

人間って本来、人に尽くしたり、役に立ったりするのが嬉しい、楽しいのです。
それが強欲で自分だけの利益しか考えない人はお客さんから背を向けられます。

 

8、起業何かが違う人は、孤独を正面から受け入れる。

起業家はいろいろな人と交流しますが、判断するのも決断するのも、自分です。
最終的な責任も自分。孤独を悲観せず前に進まなければいけません。

 

9、起業何かが違う人は、人柄がいい。

若い世代もシルバー層も、言葉が足りなかったり、心配りが足りなかったりして誤解されがち、これは自分を守る習慣がそうしている場合が多い。モノゴトの考え方を見直すことから始めましょう。

10、起業何かが違う人は、ポジティブである。

悲観的な顔ばかりして、できない理由ばかりを並べている人には、誰も振り向いてはくれません。明るく笑顔で果敢にチャレンジしていれば、誰かが助けてくれます。

 

11、起業何かが違う人は、見返りを求めない。

日々の生活に追われていると、見返りを求めることなく誰かに尽くすというのは難しいものですので、尺度を長くして人生を考えてみることも必要です。

 

12、起業何かが違う人は、責任感が強い。
サラリーマンならば上司が補ってくれますが、起業家は誰も助けてくれません。
約束した期限、品質、コストを護り実行する、そして責任を持って果たす。

 

13、起業何かが違う人は、素直である。

起業家はお客様からのクレームを直に受けます。あまりに理不尽で身勝手な主張に対しても、まずは「ごめんなさい」と素直に謝る。そこから具体的にどう改善すれば満足が得られるのか真摯に向き合い考える素直さが必要になります。

 

 

起業で失敗する何かが違う人

1、起業で失敗する何かが違う人は、何かあると環境が悪いとか、あの人が悪いとか、全てを何かのせいにする人がいるが、こういう人は起業しない方がいい。

 

2、起業で失敗する何かが違う人は、起業することが目的の人がいます。しかし実際はサラリーマンよりも圧倒的に大変な苦労の連続です。今がイヤだから起業という考えでは失敗します。

 

3、起業で失敗する何かが違う人は、学問と勘違いし勉強ばかりして行動しない人がいますが、起業したら考えながら行動する。しかも質も量も変えて動かなければ出来ません。

 

4、起業で失敗する何かが違う人は、起業はゴールのないマラソンなので走り続ける事が大切になります。また、止まっている車を動かせるような強いエネルギー(理由)がないと失敗します。

 

5、起業で失敗する何かが違う人は、何かを考えるにあたって、最初にできないイメージやできないという理由からスタートする人も起業に向かないでしょう。成功した人は根拠のない自信や理由を持っています。

 

6、起業で失敗する何かが違う人は、売り上げが上がり、お金を稼げているイメージを持てない人は起業に向きません。

 

7、起業で失敗する何かが違う人は、起業は終わりがなく走り続けなければいけません。動きを止めた時点で終わりです。そのことにストレスを感じるようでは辞めた方がいいです。

 

 

起業で何かが違う人は真似から入っています

1人で必死に頑張る、と言うことを否定はしません。

しかし、効率が悪くなったり、失わなくても良いお金を失ったり、軌道に乗るまでに何年も時間がかかったり・・・。

それでは体も心も、いつか疲れてしまいます。

 

 

成功している起業家って、「好きな時に、好きな場所で働いている」というイメージがあります。

 

ところが、実際にやってみると、課題や悩みが山積みで時間の自由どころか、会社員時代よりも大変で稼げない!という現実を目の当たりにします。

 

会社員なら基本的に、「これくらいやれば、これくらいお金がもらえる」と言うのがありますが、起業してやる場合は、そうはいきません。

「自分でやらないと、1円ももらえない」と言う状態になりますから、寝る時間もプライベート削って、必死にやらないといけなくなります。

 

 

夢に見た、時間やお金の自由とは程遠い生活だけが待っている、と言う現実に直面します。

 

もう一度、言います。

■自由を求めて起業したのに、会社員より稼げていない。

■売上が伸びないので、ビジネスの拡大ができない。

■集客できないことが理由で、夢を諦めようと思っていた。

■これから起業したいけど、経験がないから不安を感じている。

 

「我流でやろうと思うと、まず失敗します」。

先に、成功している人のやりかたを徹底的に真似して、同じようにやるのが成功の近道です。

そして、やるときは本気でやる、休めるときはしっかり休む。
それも大事です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。