見込み客を集客

見込み客とは、将来的に商品やサービスを購入する可能性のある人たちの事です。
特にインターネットを利用する場合で勘違いが多いのは、お客さんを探すのは不適当です。
見込み客集客するという考えで対応しなければいけません。

 

 

見込み客を集客する効果のある方法

 

見込み客集客として不適当な方法として、お店の前にメニューや看板を置いたり、地域に広告を出す。経費を抑えたいなら、自分で一軒一軒チラシをポスティングする事です。

つまり、今すぐお店の利益を出すために来てもらうように勧めることです。
しかし、チラシをポスティングしても、そのお店に興味がなければ意味のない事になります。
これが、お客さんを探すと言う方法です。

 

見込み客集客するとは、商品に興味のある人の連絡先を知る事です。
連絡先を知っていれば、その見込み客だけにチラシを見せられます。効率的でもあります。

つまり、「見込み客から手をあげてもらう」のです。
見込み客が欲しいと感じるモノをプレゼントする代わりに連絡先を教えてもらう。
これは無料オファーと言われます。

 

見込み客集客で、今すぐ客でない場合は、あなたへの信頼が不足しているのが原因です。
これは、メルマガ等で知識を提供したりして信頼を構築すればいいのです。

連絡先を知っているので、何度でもアプローチできます。
これが、見込み客集客すると言う方法です。

 

見込み客の集客でインターネット使う場合

 

見込み客集客で、インターネットの場合は、ブログやランディングページ(LP)等で見込み客のメールアドレスを登録してもらう必要があります。

それには、キーワードが大切になります。
キーワードの使い方によっては、2種類の見込み客があると分かっています。

 

見込み客集客で購入に可能性の高い見込み客は、自分の悩みなどを、お金を払っても解決したいと思っています。

「● + 詳細」
「● + 見積もり」
「● + 相談」
「● + 比較」
「● + 費用」
「● + 地域名」

・・・購入に向けたキーワードを利用します。

 

見込み客集客で購入に可能性の低い見込み客は、お金を払うまではいかない。無料オファーだけを狙っています。

「〇 + 方法」
「〇 + やり方」
「〇 + マニュアル」
「〇 + 無料」

・・・自分で解決するキーワードで検索します。

 

見込み客集客を目的としたオファーの種類。

1、無料体験
2、初回お試し
3、無料プレゼント
4、無料モニター
5、資料請求
6、冊子郵送
7、無料相談
8、アンケート記入
9、シェア
10、初回無料
11、定期割引
12、返金保証

いろいろありますが、見込み客集客に関しては、あなたのターゲットと費用対効果を考えて実施しましょう。

 

見込み客の集客で知っておくべきこと

 

見込み客集客でリアルの場合。

折込チラシ、チラシのポスティング、ダイレクトメール、FAXDM、紹介、無料セミナー、展示会、テレアポ、メール送付、等があります。

 

 

見込み客集客でインターネットの場合。

1、Webサイト。
2、ランディングページ(LP)。
3、日記ブログ。
4、アメブロ(ameblo)。
5、オウンドメディア・・・伝えたい事でなく、ユーザーが知りたい事を伝える。
6、スマホ サイト。
7、ユーチューブ(youtube)。
8、SEO・・・コンテンツ重視。
9、リスティング広告・・・googleのアドワーズ、yahooのスポンサードサーチ。
10、Facebook。
11、Twitter。
12、リンクトイン・・・ビジネス前提の実名交流サイト。
13、LINE@。
14、メルマガ。

見込み客集客では、どの集客方法を使うかだけでなく、何が反応率を決めるのかを意識されて計画・実行・改善しながら進んでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。