考え方と行動を変える

【考え方】は、変えることができますが、【感情】は変えられないと言われています。

例えば、「子どもは外で遊ぶべきだ!」という【考え方】だと、天気のいい日に子どもが家でテレビゲームをしていると、イライラした【感情】になることがあります。

逆に、「生まれた時代も違うし、今は選択肢が多い時代になった」という【考え方】であれば、子どもの可能性に楽しみな【感情】を得るものです。

この先を読んだら、実は【感情】を変えられるヒントを取得できるようになります。

 

 

考え方と行動を変える

 

人の性格は生まれつきの遺伝子によるものと、育った環境で形成されるものです。
しかし、個人が持つ価値観や考え方は、意識すれば変えて行けるものです。

こんなふうになりたい、という理想の人がいたら、その人に近づき考え方や行動を観察し、真似ることから始めましょう。考え方行動変えると違う世界が待っています。

 

資本主義社会というのは、基本的に競争社会ですが、集団社会でもあります。
人は、本能的に他人と自分を比較しがちですが、それで自分が高められるのならいいですが、無駄に落ち込む人も多数います。よって比較することは辞めた方が良いと思います。

これがやりたい、こうなりたい、これが欲しいという目標や夢は、生きる活力や原動力になります。そのために達成するには何が必要かを紙に書き、優先順位をつけて、一つ一つ取り組んでいきましょう。考え方行動変えると違う結果が生まれます。

 

いい大人になっても、感情のままに振る舞い、周りに迷惑を掛ける人がいます。
反対に、自分よりも人を優先したり、大切に出来る人は、周りからも好かれます。

自分の性格を変えたいと思っている人は、今からでも遅くはありません。
考え方行動変える事は可能です。

 

考え方や行動を変えるポイント

 

考え方行動変える場合、また自分を変えたい人に、やり方のポイントをお教えします。

1、考え方行動で、現在の自分の足りない事、できていない事、嫌いな事、劣っている事を紙に書きだす。これにより、直視する事で逃げている自分と向き合い、プラスのエネルギーになります。

考え方行動で、いつまでに変わりたいか期限を決める。
多くの方は、目標を持っていても、期限を決めていない人がほとんどです。
締め切りがある事で間に合わせようという気持ちが生まれます。

 

2、考え方行動で、どう変わりたいか具体的に言葉にする。
大切なのは具体的な数字を入れた目標にする事です。
強い意志と高いモチベーションが重要なので数字で明確にすることは大切です。

 

3、考え方行動で、具体的な行動計画を立てる。
目標は大きく実行計画は最小にと言われますので、やるべき事を細分化します。
どんなに小さくても実行できた!という成功体験が重要になります。

 

4、考え方行動で、目標を紙に書き、見える所に貼る。
日が経つにつれ、気持ちは薄れてしまうものです。
部屋やトイレに貼ることで何度でも確認でき、気合いを入れなおせます。

 

5、考え方行動で、目標を第3者に宣言する。宣言する事で自分にプレッシャーをかけるのです。もしバカにする人がいたら、相手にせず距離を取った方がいいです。

 

6、考え方行動で、行動を毎日チェックしましょう。
大切なのは、出来なくて自分を責めるのでなく、どうしたら出来るかを考える事です。
ポジティブなフィードバックは次につながります。

 

考え方や行動を変えるヒント

 

考え方行動変えるのに、「マインド」を変えないといけないと思うものです。
しかし、実は「行動」がとっても大切なんです。

「マインド」だけを変えようと思っても、行き詰って同じところを行ったり来たりして、新しい景色はなかなか見えづらいものです。

そんな時に、考えるより先に無理矢理にでも「行動」してみる。
そうすると、見える景色が変わり「マインド」も変わってくるものです。

 

考え方行動変えるのに、「行動」のヒントは、いつもと違う事をしてみる事です。

・いつもとは違うところに行ってみる。
・いつも読まないような本を読んでみる。
・いつもはためらってしまうようなことを、してみる。
・いつもは会わないような人と会ってみる。
・いつもは着ないようなファッションをしてみる。

ほんのちょっとだけ、いつもと違う行動をしてみると、見える景色が変わっていくのが分かります。

 

考え方行動変えるのに、やりたいことがあるけれど、 「〜だからできない」とか、「〜のせいで無理」とか、言い訳ばかりして、後回しにしてきたと思います。

そろそろ、言い訳をやめ、何かのせい、誰かのせいにすることを辞めてみませんか?
不安もあるでしょうが、今より上に行きたければ、「とりあえず、やってみる。」

もし、やってみてダメだったら、その時考えれば良いじゃないですか?
でも、やってみたら現実が動きます。
勇気は必要だが、やってみたら出来ない事ってないんだって分かります。

 

考え方行動変えるのに、「好きなこと選びたいけど、めっちゃお金かかる!」とか、「こっちが本当はいいけど、大丈夫なのかな」とか、言い訳をやめて、ちょっと勇気を出して、「好き」な事を選んでみましょう。

 

その結果、身を置く世界が変わります。

考え方や行動を変えると本当に欲しいものが手に入る

 

1)、考え方を変える。

結果を出すために必要なこと、1 つ目は考え方を変えることです。
あなたが成功するかどうかは考え方で決まります。

 

あなたが望んでいる結果を得るためには、あなたの考え方 80%で決まるのです。
それには今すぐ考え方を変えればいいだけです。

 

ダメだったとしても割り切ることです。
技術や知識よりも考え方のほうが重要です。

 

考え方は一瞬で変えることができます。
考え方を変えると結果に差が出ます。

 

自分がうまくいったのは人のおかげ、ダメだったら自分のせいと考えることです。

 

時間がないからできないと思うのではなく、今より1時間早く起きるようにしたり、テレビを1 時間見るのを減らしたりして、時間を作ることです。

 

今までと同じ考え方をしていては、1 年後も 3 年後も 5 年後も今と変わりません。

 

 

2)、行動を変える。

行動を変えなければ結果も変わりません。

 

まずは、自分をきちんと知ることです。
自分の好きな面・嫌いな面をノートに書いてみて下さい。

 

そして、自分がどうなりたいかを考え、なりたい自分への方向を決めましょう。

 

自分を変えるために簡単にできることを、いくつかご紹介します。

・習い事を始める。
・今まで読んだことがない分野の本を読む。
・起きる時間を変えてみる。
・引っ越しする。
・行ったことがない場所に行く。

 

 

 

 

 

 

3)、自信を持つ。

自分はできる、という自信を持って自分を信じきることです。

 

何も根拠はいりません。
根拠を持っている人は誰もいません。

 

絶対に私はできると思うことです。
結果を変えるためには絶対的自信を持つことが、いちばん重要なポイントになります。

 

自分に起きたことを良いように考えることです。
他人と自分を比較しないことです。

 

自分が達成できた姿を具体的に強くイメージすることです。

 

自分がイメージできないことは、絶対に実現できません。

 

具体的にイメージすることで実現できるようになります。

 

 

4)、目標を自分が本当に欲しいものにする。

自分が欲しくないものを目標に設定してしまうと、心から達成したいと思っていないため、今の状態だと手に入れるのは、やっぱり難しいかもしれないと思って簡単に諦めてしまいます。

 

心の底から本当に欲しいものを目標に設定すると、絶対に手に入れたいと思うため、欲しかったものにたどり着くことができます。

 

本当に欲しいものが目標でなければ、必要なものが見えてこないため、違う状況が手に入ってしまいます。

 

そして 大切なことは、「何のために」「いつまでに」と具体的な内容を設定することです。

 

あまりにも達成できないような無理な計画を立てないことです。

 

継続できなければ意味がないので、自分が達成できる現実的な計画を立て、日々それを達成する爽快感を得ることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5)、迷わずに即決すること。

何かをはじめる時には、何事も決めないと行動することができません。

 

自分が一番欲しいと思う物だけを、手に入れに行けばいいのです。
他は全て捨てることです。

 

普段から自分が、何がいちばん欲しいかがわかっていると、すぐ即決することができます。

 

「やる」か「やらない」かで迷ったときは、「やる」ほうを選んだほうが最終的に後悔も少ないです。

 

そして、本当に成功したいと思っているなら、あなたが目指すゴールに一番近い成功者さんを見つけ、その成功者さんを徹底的に真似することです。

 

そして「成功した」というイメージを強く意識することが大切です。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。