確定申告は当たり前

副業でも確定申告は必要か?

 

結論から言えば、
主婦や無職の方が専業で、
所得が年間に38万円以上あり、

報酬から源泉所得税が引かれていなければ
確定申告は必要です。

 

また、
会社員のように収入があり副業として、
年間20万円以上であれば、

雑所得として確定申告は必要です。

 

 

確定申告とは?

 

前年度の1月1日~12月31日までの
所得と所得税額を計算して所得税を納める手続きの事です。

 

申告期間は、
本年度の2月16日~3月15日内に税務署へ報告します。

 

税務署の受付時間は、月曜日から金曜日、8時30分~17時です。

 

 

経費とは?

 

運営上、必要なお金で、
経費として計上できる項目としては以下の通りです。

 

  • 見本品費
  • 研修費
  • 旅費交通費
  • 会議費
  • 新聞図書費
  • 通信費
  • 地代家賃費
  • 水道光熱費
  • 消耗品費
  • 広告宣伝費
  • 接待交際費

 

 

 

 

 

 

 

提出方法は3通り

 

1、管轄の税務署へ行って申告書類を提出する。
自分で申告書類を作成するか、
税務署員に相談したい場合は、申告期間前がお薦めです。

 

2、税務署へ郵便で申告書類を送る。
通信日付印が提出日とみなされます。

 

3、e-Tax(イータックス)で申告する。
日本の国税に関するオンラインサービスで、
国が運営している国税電子申告・納税システムです。

 

e-Taxで電子申告するには、事前申請が必要です。

 

 

副業でも開業届けは必要か?

 

結論から言えば、個人事業主になるため開業届けは必要です。
ただし、開業届けを出さなくても罰則はありません。

 

現実には、個人事業主としての意識がないまま
ビジネスをしている方が多いようですが、

 

成功者は、成功する前の登録直後に、
開業届けを出している方がほとんどです。
成功するぞ!という「覚悟」があるのでしょう。

 

登録して6ヵ月以内に挫折する方は、
100%と言うぐらい開業届けを出していないのが現実です。

 

 

いつ提出するのか?

 

正しくは、「個人事業の開廃業等届出書」と呼びます。
開業後の1ヵ月以内に提出になっています。
開業とは、ビジネスメンバーとして登録した時です。

 

届けを提出すれば、収入は”事業所得”です。
未提出ならば、”雑所得”の扱いです。

 

開業届けを出して事業所得にした方が、
税務上もお得になる場合があります。

 

 

申告書類を書く時の注意点

 

  • 職業
  • 屋号
  • 事業の概要

 

例として:
職業・・・インターネットビジネス
屋号・・・お好きな名前
事業の概要・・ホームページ運営、インターネット集客、等

 

参考までにこちらもご覧ください:お仕事のNG

 

ドテラは将来的に不労所得になります。
お仕事ですから法令遵守は当たり前です。
詳しくは下記を参照してください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、
0円で集客し、教育できているのか?

お問い合わせ

 

 

登録費なし
毎月の定期購入なし

必要ないものに毎月1万円も払うの嫌じゃないですか?
欲しい時に必要なものを買えばいいんです!

DSA世界20位の会社!

お問い合わせ

 

 

アースリズムで心と体が整った
家庭の置き薬としてご利用される方が多数。

成長率130%の会社。

お問い合わせ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。