生きがいは、お金!?

子どもの頃は、毎日が「初めて」で楽しさがあふれていました。
季節が移り変わることさえ新鮮な感動でした。知らないことばかりで、毎日が驚きの連続でした。

しかし、大人になった今は、価値観も多様化し、生きがい・ワクワクを見つけるのが難しい時代です。
生きがいお金でしか得らえないのかと考えてしまいます。

生きがいが無い人生は寂しいものです。無いよりは有るほうが良いに決まっています。
できれば、お金に縛られない人生にしたいものですが、そのキッカケにして欲しいものです。

 

 

生きがいはお金

 

生きがいお金で昭和の時代は、「同僚と仕事終わりに一杯」とか「テレビでビール飲みながら野球観戦」というのが趣味という時代は終わりました。

今の時代は、自由な時間もなければ、お金の余裕もない。
そんな状況で生きがい?何それ!と言いたくなるものです。

 

生きがいお金で、ショッキングなデータですが、「生きがいを持っている」人の割合が2人に1人になったそうです。
もはや、仕事が生きがいではない、家族が生きがいではない、趣味が生きがいも減少の傾向にあるそうです。

本来、生きがいは精神的健康を引き寄せる「薬」と言われていたのに困ったことです。

 

生きがい お金 で、老後の生活は、健康管理、生きがい作り、マネープランが3大テーマです。
マズローの欲求5段階によると。

1、生理的欲求(人間の生命活動を維持する欲求:呼吸する、食べる、眠るなど)

2、安全の欲求(身の安全、身の回りの安全など)

3、所属と愛の欲求(家族や恋人、友人などグループに加わりたいなど)

4、承認欲求(自分の能力を認めてもらいたいなど)

5、自己実現の欲求(夢を叶えたいなど)

しかし、上記1、2、が不安定な現代では、3、4、5、どころではないようです。

 

 

生きがいはお金より楽しみ

 

生きがいお金を、ウィキペディアによれば、生きがいとは、「生きることの喜び・張り合い」「生きる価値」を意味するとあります。

私が個人的に生きがいを考えた場合、人の役に立ち感謝されると、それは楽しみとなり 生きがいになると思います。

 

生きがいお金で例えば、仕事をして良い結果が出た時、働きがいや、生きがいを感じます。
子供の成長に喜び、生きがいを感じます。
趣味や旅行を楽しみ、生きがいを感じます。
スポーツや音楽を楽しみ、生きがいを感じます。

これらがなくなると人生真っ暗・虚しいと感じ、ヤル気がなくなり、閉じこもり、挙句の果ては自殺するのかも知れません。

 

生きがいお金で、不謹慎な例ですが、競馬の馬券を買って、掛け金が大きい時ほど、喜びもガッカリも大きいです。
仕事に全てを掛けた人ほど、倒産すると、憔悴しきって、ふ抜け状況になるようです。
何故か似ているなと感じてしまう。

「人生の目的」は、「生きる」ことです。
「生きがい」は、生きる時の「楽しみ」なのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

生きがいお金で、中にはお金を得て良い暮らしをするのが、生きがいと言う人もいるかも知れません。会社の給料だけでは毎月が足りない、贅沢どころか小遣いもままならない。

また、収入が1か所だと、今の時代は不安?
かと言って、深夜早朝・日曜日にアルバイトなんて?
では起業かと言えば、もし失敗したら家族にまで迷惑がかかる?

 

生きがいお金で確かに、お金が全てではありませんが、あるに越した事はありません。
お金があることで人生の選択肢が広くなるのは事実です。

いずれにしても、お金を得るには、自分の好きな事の延長戦をお薦めします。
お客さんの購買心理が分かるからです。

お仕事は、お客さんがいて成立するものです。
どうしたらお客さんに知ってもらうか、どうしたらお客さんに提供できるかを考えてください。

 

また、サラリマンを辞めたいと思う人は、毎月必ず給料が貰えるメリットを改めて感謝すべきです。
起業すると経費ばかり出ていくのに思い知らされます。

 

 

 

 

 

 

 

生きがいお金で、ネットビジネスを誤解している人を見受けます。
ワンクリックで稼げるとか、コピペだけで稼げるとか簡単なイメージがありますが、そんなのウソです。地道にコツコツ継続してこそ成功するものです。普通のビジネスと同じです。

楽して儲けよう的な考えでは、何をしても失敗します!

 

実際は地味な作業を続けて初めて稼げるようになります。
時間も努力も初期のうちは、かなり必要になることを理解してください。

ただし、軌道に乗ればローリスク・ハイリターンであるのは魅力です。
転売、アフィリエイト、情報販売・・・等が良く知られているものです。

 

参考までに、よろしければ、下記をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。