特定商取引法を守らないと

特定商取引法と周辺法律

 

略して特商法は、「連鎖販売取引」の他、
「訪問販売」や「通信販売」等に関する法律の事です。

 

特商法は、「ビジネスの紹介」「通信販売の広告」と
範囲を具体的に示しています。

 

特商法と特定電子メール法は、
「迷惑メール防止二法」と呼ばれます。

 

特定電子メール法は、
「事業者が、自身や他者の事業を宣伝する目的で送るメール全て」となります。

 

 

特定商取引法、重要事項の故意の不告知

 

毎月、商品が届くことや、
商品代金が銀行口座から引き落としされることを明確に伝えずにいると、

 

本人に「聞いていなかった」「毎月、注文していない商品が届く」と
不満や不信感を生じさせ、
「事実の不告知」”という禁止行為で違反になります。

 

これらの”「オートシップ」”は”「送り付け商法」”と
誤解される恐れがあります。

 

「聞いた」「聞いていない」という誤解が起きないよう
”「伝えたつもり」”で終わらない、確認作業が必要です。

 

 

 

 

 

特定商取引法、名義貸し

 

名義を貸した側、借りた側、
双方が違法行為となります。

 

早く上位資格を取得するため、
知人らから名前、住所、銀行口座を借りて登録した場合や、

 

一人に何百万円も買い込ませる場合でも、
これは、貸した方も、借りた方も、違法行為です。

特商法、知らないでは済まされません。
刑事罰が課されてからでは遅いです。
個人もチームも注意しましょう。

参考までにこちらもご覧ください:お茶しようの意味

ドテラはリスクが少ないです。
お仕事ですから法令遵守は当たり前です。
詳しくは下記を参照してください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、
0円で集客し、教育できているのか?

お問い合わせ

 

 

登録費なし
毎月の定期購入なし

必要ないものに毎月1万円も払うの嫌じゃないですか?
欲しい時に必要なものを買えばいいんです!

DSA世界20位の会社!

お問い合わせ

 

 

アースリズムで心と体が整った
家庭の置き薬としてご利用される方が多数。

成長率130%の会社。

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。