時代によって変わるストックビジネスの事例

時代によって変わるストックビジネスの事例

インターネットが普及して世界中の人がどこにいてもつながれる時代。新しい働き方が増えています。

ここでは最近多くなっているストックビジネスについてご紹介いたします。

YouTuber

動画を配信して収益を得るビジネスです。

これは配信する動画流れる広告から収入を得るスタイルで、視聴している人がその広告をクリックすると動画配信者の利益になるというもの。

また視聴したいと思ったら「チャンネル登録」ができ、新しい動画配信があればフィードに流れてくるというシステムです。

このチャンネル登録数が多ければ多いほど、広告収入は増えるので継続的に収益が見込めると言えます。

ただし、動画を配信しても「また観たい」「面白い」「チャンネル登録しよう」と思ってもらえなければ、全く収入にはつながりません。

動画内容を面白くする、またはためになる情報にする必要があります。

最近では小学生のなりたい職業に選ばれるなど、人気の職業になっていますが、近年Youtuberを目指す方が増え続けており、Youtubeより登録条件が明記されるようになり、収入を得るYoutuberになるのは、非常に難しくなっております。

 

ネットのASPなど

ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)は、「便利な面白いアプリを使いたい」といった時代のニーズにマッチしたストックビジネスです。

スマホのアプリで月額課金をイメージしてもらうとわかると思います。

パソコンでもPhotoshopやIllustratorなど今まで有料で購入すればずっと使えたソフトが、月額制に移行しています。それほどストックビジネスは魅力的だということです。