広告の昔と今

昔の広告は、どんな人にも売れるようになれ!だったと思います。
今、そのつもりで広告したら年代によって、売れる年代と売れない年代とハッキリ分かれてしまいます。
何故そうなるのか?どうしたら売れるのか?これを読んだら分かると思います。

料理をするのは女性って決まっているのか?仕事をするのは男性って決まっているのか?
年代により意識レベルが変わってきているのと似ているかも知れません。

 

 

広告の昔と今では変化した

 

世界を見ても、広告昔と今では違うのを比較して見てみましょう。
連絡手段は、昔は手紙で3日、今は電話やメールで3秒。
家の玄関は、昔は歓迎します、今は猛犬注意。

試験は、昔は暗記が大事、今は考える力が大事。
親子の時間は、昔はおもちゃが欲しい、今はパパとの時間が欲しい。
情報収集は、昔は新聞、今はスマホ。

 

広告昔と今では、昔はチラシ、新聞、求人情報誌などの紙の求人媒体を使って仕事探しするのが当たり前の状態でした。手にとって見れるモノで分かりやすかったです。

今は、企業のホームページ、SNS、求人誌、等インターネットばかりです。

大手企業は、幅広く見てもらうために、業種・職種・エリアは限定していない。
中小企業は、限られた予算のなかで、業種とかエリアとか絞り込みマッチングを高めている。
国は、ハローワークがありますが、紙からネットに変わってきています。

 

広告昔と今で、昔と大きく違うのは、ターゲットを「採用ホームページ」に誘導するために、宣伝する媒体を複数使うことです。最も効果的なのは、リスティング広告です。当然ですが有料です。

 

 

働き方や広告が昔と今では違う

 

広告昔と今を考える前に、働き方を昔と今で比べてみると、インターネットの発展により新しい仕事が発生し、それにより不要の仕事が出てきた。新しいタイプの人が生まれ、ついてこれない人が辞めざるを得なくなった。

インターネットの発展により世界が早い速度で変化しています。
ネットで集客し、ネットで契約し、ネットで稼ぎ、ネットで働くことが可能になった。
会社で働くという常識が変わり、ネットで働くこともできる。ネットだから個人でできるようになった。

 

広告昔と今そして働き方では、「良い大学に入って良い会社に入る」は、もう古いものとなっています。その変化についていけないと倒産のリスクが出ます。そのリスク回避のために人件費を削減するのです。終身雇用の崩壊です。

仕事もルールも生き方も生きがいも常識も変わった。もう昔とはちがう。
様々なものが変わった。やり方もルールも新しいものに変わったり、改善されたり、なくなったりしている。

 

 

広告の昔と今の究極な目的

 

広告昔と今で、「今の時代の広告宣伝活動って何だと思う?」と誰かに質問すると。
ある人は、「『ソーシャル』を活用することだ。」と答えるだろう。
また、ある人は、「『モバイル』の広告こそ今の広告だ」と答えるかもしれない。
さらに、別の人は『コンテンツマーケティング』こそが次世代の広告だと言う人もいるだろう。

紙の媒体は、基本的に4マス(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)に限られていた。
WEBの時代になり、バナー、リスティング広告、SEO、ランディングページだと。
モバイル時代は、アプリ、ソーシャルメディア、アプリ内広告、DSP、レスポンシブデザイン。
全くついていけない。

 

広告昔と今で、いつの時代も究極的には、ただ1つ「顧客が真に求めるものを提供すること」だと思います。どんなに新たな技術・メディアが登場して手段が変わろうとも、マーケティングの目的が変わることはありません。

 

 

広告の昔と今、時代の流れ

 

『1兆3100億円』、電通がまとめた2016年のインターネット広告費の統計です。
これにテレビ、雑誌、ラジオなどの広告を含めると、6兆2880億円にもなります。

 

広告。昔と今。では、ネットが急速に発展して、消費者の心理も行動も多様化してきました。
現代は、「選択肢」が溢れています。

ひと昔前までは、「商品が良い=売れる」と言う状態でした。
現代では、誰でもパソコンを持っているだけでなく、一人一台スマホを持ち歩いている時代。

 

欲しい情報は、いつでも気軽に手に入ります。
お客様にも選択肢が無限にあります。

ですから今は、商品が良いだけでは売れない状態なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告昔と今、そんな中であなたが集客をしようと、手探りで広告を出したところで、果たしてどれだけの人を集められるでしょうか?

 

もちろん、大企業のように広告費をガンガン使えば、一定のお客様は集められるかもしれません。

でも、資金力の乏しい個人ではどうでしょうか?
「広告費0円」で、お客様を集める方法を考えるべきではないでしょうか!!

 

広告昔と今、お金をかけず、時間をかけず、手間をかけず。

闇雲にやって失敗してしまうより、統計的に効果が証明されている、正しい方法を身につけた方が
結果的に近道です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。