働き方改革への対策

在宅勤務制度があるのに、誰も使わない。フリーアドレスにしたのに結局席が固定してしまう。
直行直帰のはずが、毎日会社に戻ってくる。
経営陣がワークスタイル変革の費用対効果を判断できない。

国を挙げて「生産性向上」と「長時間労働の是正」そして「非正規雇用の格差改善」が叫ばれる中、ワークスタイル変革は企業が最優先で取り組むべき課題となっている。

しかし、一般社員はどう取り組んでいいのか分からない。
ここでは対策を考え、前に進めるキッカケになればと考えます。

 

 

働き方改革への対策

働き方改革への対策とは言うが、複数の企業が導入し成果を挙げている方法とは?

1、育児休暇は、イクメンという言葉にあるように、男性が育児休暇を活用しやすい状態に
する事がポイント。

 

2、短時間勤務制度は、育児や介護をする社員を対象に、勤務時間を短縮する事例。

 

3、フレックスタイム制度は、総労働時間を変えずに1か月以内の期間で総労働時間を規定し、その枠内で始業・終業時間を自由に決定できる仕組み。

 

4、在宅勤務(テレワーク)は、情報漏洩リスクの防止、勤怠管理が求められますが、通勤交通費の削減、休業からの復帰支援、障碍者雇用というメリットがあります。

 

5、長時間労働の削減は、残業・休日出勤の禁止、残業の事前申請化などがありますが、社員が自宅に仕事を持って帰る、いったんタイムカードを押すが仕事は続ける、という本末転倒の事態を招いています。

6、非正規雇用の待遇差改善は、雇用者の約4割は非正規雇用労働者が占めています。厚生労働省は働く現場では不合理な待遇差があると断定しているが、これを解消することで労働者はどのような雇用形態を選択しても同一の賃金を受け取れ、自由な働き方を選択できるようになります。
 

働き方改革をどう対策するか?

 

政府の働き方改革が、2019年4月1日に施行されました。
有給休暇が義務化され、強制的に休暇を取らされます。

これにより、残業が減り、収入が減ります。
逆に、休日が増え、出費が増えます。

中小・零細企業では、働き手が少なくなり、稼働できなくなる所が出るかもしれません?

個人・家庭では、家庭サービス・・・?金欠病になる恐れ?

 

 

国は莫大な借金のため、国民を守ることは、もはや無理です。
だから副業解禁なんて、訳わからぬ法令を作ったのです。

大企業でも、優秀社員に辞められては困るので、しぶしぶ認めたのです。

でも、突然そんなことを言われても、どうしたらいいのか!?
分からない人が数多い、それが事実ではないでしょうか?

 

 

学生時代、遊びは、先輩に教わったはずです。
社会人になって、お仕事は、上司に教わりました。

副業だって、出来る人から教えてもらうのが近道。
成功したけりゃ、真似て学ぶのが当たり前。

精神論的な「マインド」だけでは、稼げません。
具体的な「ノウハウ」だけでは、挫折します。

 

 

もうちょっとお金があれば、子供を・・・。
もうちょっとお金があれば、親を・・・。
もうちょっとお金があれば、マイホームを・・・。

でも、サラリーマンをしながら、早朝や深夜のバイト・・・?
体を壊したのでは元も子もありません。
・・・やるせない 現実との戦いです。

 

 

働き方改革の対策として、副業するにしても早朝や深夜は体力が持たない。
在宅ビジネスと言ってもノウハウはゼロである。

本業でも副業でも、ビジネスするなら名簿(見込み客リスト)が財産だと言われています。

クチコミでは、2~3人程度?
ところが、インターネットを利用すれば、毎月100人を集客できる方法があります。

 

インターネットなら在宅で空き時間に出来ます。
お化粧なし、洋服を気にする事もありません。
交通費や飲食費で無駄な出費もありません。

 

働き盛りの40~50代のサラリーマンは、子供の教育費で生活費はギリギリ。
定年した60代でも、年金が減額され生活費は不安、

 

 

出生率が下がり、労働人口が減少、非正規労働者が40.8%に増えました。
正社員でないので、賞与も社会保険も福利厚生もありません。

若者1人で高齢者5人を支える社会構図により、若者の社会保障費の負担が多くなってきました。

何をしていいのか分からないが、生きるためには、働き続けなければならないという事実だけが残るのです。

 

 

いくらパソコンが出来ると言っても、ネットビジネス初心者が、いきなり成功なんてあり得ません。
独学で、頑張るのは構いませんが、無駄にお金を支払い、無駄に時間を掛けていては、いつか体も心も疲れてしまいます。

 

今、真剣にインターネットで副業を検討されている方に、カフェ等を利用して無料相談会を実施しています。

スカイプの個人指導やメールセミナーも実施しています。

 

詳細は下記フォームからお願いします

お気軽にお問い合わせください

お名前  必須 
メールアドレス  必須 
お問い合わせ内容



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。