会社にしがみつく 50代

ちょっと昔、新聞で驚きの記事がありました。

退職勧告を拒否した者を退職部屋と陰で呼ばれている部署に出向させる。

目的は、送り込まれた人を精神的に追いつめ辞めさせる事であると。

 

そこは、まるでブロイラー小屋みたく狭い部屋に200人を押し込み、売れそうもない商品の電話勧誘をやらせる。

若いスタッフに監視させ罵声をあびせ退職を決意させる。

 

まさに、残るも地獄!辞めるも地獄!

を垣間見えるようです。

 

 

 

 

 

 

 

実際、50代になってからの転職は厳しいのを知るべきです。

どんなに今いる会社に尽くしても、他の会社から見ればゴミ同様の人材と知るべしです。

 

価値観も古く能力も衰えている50代よりも、体力もヤル気もあり学習能力もある20代の若者が良いに決まっています。

 

会社にしがみつくしかないと感じている方は、転職活動も準備しておきましょう。

 

しがみついているだけの存在では、そのうちつぶされます。

 

現代は終身雇用制度も崩壊し、40代~50代でも解雇されます。

 

会社は慈善事業ではありません。

無能社員や給料泥棒の社内ニートに労力をかけている暇など会社にはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

45歳以上のサラリーマンは気がついて欲しい。

会社の本音は、もう辞めてもらいたい!!

と思っているかも?・・・と。

 

あのおじさん、また仕事してるフリだよ!

いやだねぇ~!ああなりたくないね~!!

と若い社員に言われないうちに手を打ちましょう。

 

自立心を持ち、会社には頼れないと判断し、早く行動しなければ手遅れになります。

 

何をやっていいのか分からない方は、やりたいことより、出来ることを選びましょう。

 

所詮、ビジネスはゲームなんだと思えばいいのです。

人生も恋愛もゲーム。だったら楽しんだもん勝ち。

勝つとか負けるとかよりも、楽しんだもん勝ちです。

 

 

 

 

 

 

 

サラリーマンは基本的にパソコンが出来る方が多いです。

だったらインターネットを利用して、在宅で副収入を得る方法も選択肢の一つかも知れません。

 

初期の仕組み作りまでは苦労するかも知れませんが出来てしまえば、あとは自由さが満ちています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。