会員制ビジネスの始め方

会員制ビジネスの始め方

長期間にわたり安定した収益が見込める、継続課金ビジネスを始めるにあたって、まずは会員制ビジネスを始めてみたいと考える方は少なくありません。
会員制を導入することで、どのようなビジネスモデルであっても固定収入が見込めるためです。

しかし、いざ始めようとする際に、どのような「商材で会員性ビジネスをすればいいのか」、「実際に成功するのか」など不安に思う方も少なくありません。

この記事では、会員制ビジネス初心者が、安心して会員制ビジネスを始めるために必要なことと、導入の手順についてお伝えします。

会員制ビジネスを始めるにあたって必要な事と手順

会員制ビジネスは、今までのように必ずしも会社単位で行う必要が無くなりました。
個人事業主でも、商品さえあれば気軽に始められる時代になったのです。

とはいえ、実際に会員制ビジネスを始めるためには、自分のビジネスモデルの種類や特徴を、ユーザーに説明できるレベルまで事前に固めておく必要があります。
そこで、まずは自分がこれからやろうとしているビジネスモデルを掘り下げる作業が必要になります。

提供するサービスは何なのか?どのように継続的な価値提供を行えるのか

会員制ビジネスを始める際には、まず自分が行うビジネスが、どのようなカテゴリに属しているのかを考える必要があります。

1件ごとの商品販売ごとに関係が完結するフロービジネスの場合、そのビジネスモデル自体に継続課金の要素を取り入れるのは、基本的に難しいのが実情です。

しかし、商品を継続的に購入することが、何らかの形でユーザーにとってメリットとなるのであれば、会員制ビジネスを取り入れるハードルは低くなります。

逆に、毎月継続的に何らかのサービスを提供できるタイプの商品であれば、会員制ビジネスを取り入れた方が、フロー型のビジネスを継続するよりもはるかに得になる場合があります。

課金方法

会員制ビジネスを運営していく際には、必ず考えておかなければならないことがあります。

それは「課金方法」です。

上記をお読み頂いた方であればもうお分かりかと思いますが、会員制ビジネスはユーザーから継続してお金を受け取る、ストック(継続課金)型ビジネスになります。

ストック(継続課金)型ビジネスを進めると、必ず行き詰まるのがお金を受け取る方法です。
具体的には、運営者側は課金システムをどうするかが問われます。

会員数が少ないうちは、適当に販売しお金を受け取っていても何とか管理できますが、おそらくごく少数の会員で手一杯になります。
そして、顧客数が増えていくに連れてどんどん負担が大きくなっていきます。

そのため、もし身近に先達がいるのなら、相談して適切なシステムを導入したほうが賢明です。