会員制ビジネスとは②

価格帯に関して

個人向けの会員制ビジネスの適正な価格帯

まず個前の方を対象にした商品の価格の付け方については、
基本的には個人の方に対しては3000円から5,000円と設定するのが望ましいいです。

小規模、中小企業向けの会員制ビジネスの適正な価格帯

次に法人向けの価格帯の付け方についてお伝えします。

小規模、中小企業の場合は、だいたい1万円から2万円が適正な価格帯になります。

大企業向けの会員制ビジネスの適正な価格帯

大手企業が会員として支払える金額もグッと上がってきます。

ですので、3万円から5万円という会員制ビジネスでの価格帯の設定が可能になっています。

課金方法に関して

ほとんどの会員制ビジネスは月課金と年間課金の2つです。

1・月額定額課金

1つ目にお伝えする課金タイプは一般的な月額定額課金です。

毎月980円ですとか9,800円など、定額を毎月支払ってもらう課金タイプです。

2・年間支払い課金

そして2つ目にお伝えする課金タイプは12か月分をまとめて支払う1年に1回の年間支払い課金です。

年間支払い課金は、わかりやすくまた決済が楽になります。

3・従量制課金

3つ目は利用量に応じての支払いを従量制課金です。

会員制ビジネスでは現状このタイプはあまりない課金タイプになります。

会員制ビジネスには適さない課金方法といえます。

決済システムについて

そして次に会員制ビジネスを始める時に、設定しておかなければならないのが決済方法です。
会員制ビジネスの決済システムは3つあります。

銀行振込

お客さんに会費を徴収する決済システムとしてを銀行振込入金があります。

通常は扱う商品やサービスの申込みをいただいて銀行入金が確認できた時点でサービスを開始していきます。

クレジットカード決済

そして次にクレジットカード決済最近はネットの普及によってクレジットカードの決済も多く普及しています。

また、クレジット決済システムは代行会社さんによっては個人事業主でも導入ができます。