主婦と老後資金

老後の生活が気になる年齢になったが、「お金」のことは旦那さんに任せているので分からないという専業主婦の方にお聞きします。

いつか70代、80代になって旦那さんが先に亡くなり、自分で「お金」の管理をしなければならない日が来るかもしれません。

主婦老後資金では、その日のために、勉強と準備を始めておきたいものです。

 

 

主婦と老後資金

主婦老後資金では、子供さんの教育資金が終わったら、ご夫婦は50歳前後の方が多いと思います。生活にゆとりができたと遊んではいけません。
次は老後資金の準備をしておかないと、働けなくなってからでは後悔します。

 

今、団塊世代の70歳前後の方々は、バブル時代の感覚で、「何とかなるだろう」と、あまり深く考えていません、そのため年金受給の時期になって驚きの問題が発覚しています。

 

主婦老後資金では、サラリーマンがもらえる年金は、平均すると夫婦で月額22万円前後ですが、夫の死後、妻がもらえた年金額は、その10万円近くも低い12万円になる人が多いようです。

 

年金をもらえる年齢では住宅ローンや教育費が無い方もいますが、今の時代に月々12万円では生活は厳しく貧乏生活に陥る現実が待っています。

 

 

主婦が老後資金に準備

主婦老後資金では、一般的に¥3,000万円が必要と言われています。
月額13万円×12か月×20年=3,120万円の計算です。

 

平均寿命は女性の方が長いようですが、ご主人に先立たれた場合、今の生活を維持できますか?
ご主人の遺族年金は約3/4で計算できますが、奥さんの年金と合わせて、悠々自適の老後なら安心です。

 

主婦老後資金では、ファイナンシャルプランナーによれば、個人年金保険とか、つみたてNISAとか、iDecoが良いとか・・・。
いずれにしても、預貯金の金利を比較すると豪州は2.79%、米国は2.21%、日本は0.02%となります。

 

日本人は預金好きと言われていますが、その比率は米国が13.7%、英国が24.4%、日本は51.9%のようです。

 

主婦老後資金では、少子高齢化、人口減少などで、年金が増えることは期待できません。

 

 

 

 

 

 

主婦老後資金では、高齢者で無職の世帯の年間支出は¥2,847,768円となっています。
月額に計算すると¥237,314円です。

あなたは大丈夫ですか?

 

主婦老後資金では、老後の暮らしを支えるのは、年金と若い時からの蓄え等になります。

 

例1:預貯金。
元本保証ですので、堅実に準備しましょう。

 

例2:退職金。
まとまった金額が支給されそうな職場の方は、活用しましょう。

 

例3:公的年金。
サラリーマンの厚生年金の月額平均は約220,000円。
自営業の国民年金は満額で約130,000円です。

 

例4:iDecoやNISA。
税制優遇制度を利用した投資信託や証券会社の個人年金に30代の頃から積立、決められた年齢以降に受け取る。

 

例5:働き続ける。
経験を活かして、シニア社員として働く。

 

主婦老後資金では、どちらにしても老後に仕事をするという事は、体力や健康に配慮しなければいけません。上記の例を含めて、50代60代からでも準備できる方法があります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。