ストック型ビジネスは副業に最適

ストック型ビジネスは副業に最適

ストック型ビジネスを構築するには現実的なハードルが高く、そう簡単にいかないのが実情です。

今回は副業でストック型ビジネスを構築する方法について解説していきたいと思います。

 

ストックビジネスは副業でも作れる

ストック型ビジネスは、個人が副業として行うこともできるのが特徴の一つです。会社の規定や規則などに抵触する場合もあるかもしれませんが、副業や兼業を認める動きが活発化していることも、ストック型ビジネスの盛り上がりの要因の一つといえるかもしれません。

例えば、代理店としてストック商材を販売したり、フランチャイズのオーナーとして経営することなどもストック型ビジネスと言えます。「ストック型ビジネスのスキルやノウハウがわからない」という人もいるかもしれませんが、過度の心配は無用といえます。代理店やフランチャイズを経営する場合には、本部が相談に乗ってくれたり、人気店の作り方などの助言やアドバイスもしてくれます。

ただ、すぐに儲けることが難しいというのがストック型ビジネスの難しさでもあります。しかしストック型ビジネスは安定して利益や利潤を出せるようになるまでに、ある程度の時間を要するケースが多いため、かえって本業を持つ会社員や公務員などの副業にお勧めです。

副業であれば、万一、ビジネスに失敗してもダメージや損失を最小限に食い止めることができます。

 

継続収入の積み上げ式ビジネスモデルで時間的自由を手に入れる

ストックビジネスのメリットはやはり安定的な売上確保ができるようになることです。基本的に解約などがない限り毎月または、毎年固定で売上を上げることができます。

また定期的に入金も入り、キャッシュフローの面で安定したていくことができ、新たなビジネスへの投資もやりやすい状況を作っていくことができるようになります。

ストックビジネスは、一度収益を得る権利を手に入れたら、その後も継続的に収入が入り続けるビジネスモデルです。その活動によって得られる収益を「ストック収益」と言います。たとえば弊社代理店商材の「ウェブサイト制作」もストック収益です。こういったストック系のビジネスを始めることで「時間的な自由を少しづつ手に入れる」ことができます。