ストックビジネスで継続的に収入を上げるために必要なこと

ストックビジネスで継続的に収入を上げるために必要なこと

継続的に収入を上げるには何が必要なのでしょうか?その作り方をここでは紹介します。

 

顧客を獲得する

ストックビジネスで収益を得るための第一段階として、まずは顧客を獲得しなければ始まりません。

そこで宣伝が必要です。利用者目線でその商品の何がいいのか?といったメリットを全面に出していきます。

例えば、

「価格設定が明確で手ごろ」

「余計な手間や税金がない」

「場所を取らない」

などです。

利用者は自分や家族にとって有益なものだと判断すれば、あとは価格を見て判断します。

 

価格設定を間違えない

上述した通り、継続的な利益を得るには利用者目線で価格を見ることが大事です。

その商品やサービスが気に入っても、高額ではすぐに離れていってしまいます。

利用者からすれば何においても価格は「安い」に越したことはありません。

そして価格設定は「定額料金」が利用者にはわかりやすく、今後の予算設定もしやすいので利用者も獲得できやすいと言えます。

 

契約を結ぶ

商品やサービスを上手に宣伝した結果、「この料金なら毎月(毎年)払ってもいい」と了承を得られれば晴れて契約をしてもらいましょう。

このとき、その商品やサービスの定期性が1年契約なのか、それとも顧客が解約するまでなのかも決めておくと、今後の収益が見込めるので設定しておくといいですね。

これを一人、また一人と獲得していけば一定の安定収入が見込めるストックビジネスになります。

 

ストックビジネスのメリット

ストックビジネスのメリットは何より継続的に安定した収入が得られることです。

契約や会員制のビジネスを一定数確保できれば、収益がずっと入り続けます。

ただし、最初に新規契約や会員を獲得するまでに少し時間がかかるので、安定した収益が得られるまでは待たなければいけないのが難点です。

とはいえ、一旦契約や会員数を獲得してしまえば、断然収益が安定して月単位、または年単位での見込み収益があるので心に余裕ができます。

 

自分のやりたいことがストックビジネスに対応できるか見極めよう

継続的に収入が見込めるビジネス形態のストックビジネスは、色んな業界、業種が参入してきています。

やはりフロー型よりも断然安定しているのが大きな特徴です。

今はアプリやソフトなどの種類も豊富で、そういった企業に属していなくても個人的に開発して販売している時代。

ソフトやアプリは物販と違い在庫を持つ必要がないので、定額制で販売すれば一定の収入が得られます。

これから自分でビジネスを始めようと考えるなら「何を、どうやって、いくらで」といったビジネス設定」をしっかりしましょう。

安定した収入が欲しいならフロー型かストック型か、ちゃんと見極める必要があります。

また、貯金型保険のような、すぐに顧客が離れてしまわないような工夫も考えるといいです。

利用者を満足させ続けることがストックビジネスのカギになります。