ストックビジネスで安定収益を得るためのポイント

ストックビジネスで安定収益を得るためのポイント

ストックビジネスで安定した収益を得るためのポイントは「継続的なサービスの提供」「会員制による課金」この2点を両立させることが、ストックビジネスで安定した収益を得るためのポイントです。

実際に各分野でトップを走る企業の多くは、ビジネスにストック性を持たせることで成功を収めています。

すでに競合がいる分野でストックビジネスに参入するためには、継続性とオリジナリティがあるサービスを考え出さなければならないでしょう。

そのためには、競合サービスのメリットとデメリットを観察・分析し、デメリットを克服した新しいビジネスモデルを構築する必要があります。

何がユーザーにとっての価値になるかを、サービス内容とコストパフォーマンスの両面から検討することが重要です。

信頼できる課金システムを用意しておくことも、ビジネス成功の秘訣です。

 

大手企業の成功例

大手ソフトウェア企業での成功例

Adobeは、従来のパッケージ販売からクラウドへ全面的に移行することでビジネスにストック性を持たせることに成功した企業です。

主力となるソフトウェアは高価なものでしたが、プロ向けに多くシェアを獲得していました。

しかし、高価であるがゆえに、ユーザーは簡単には新しいバージョンへと移行が少なく、ユーザーごとに使用するバージョンが異なってしまうことは、このソフトで作られたファイルをユーザー間で共有する際の障壁にもなっていました。

これらの問題を解決するために、Adobeはソフトウェアのパッケージ販売をサブスクリプション方式のサービスへと転換し、製品を購入してもらう買い切り型のビジネスから、契約したユーザーに月額料金を支払ってもらうことで製品の使用権を提供する方式にしたのです。

月額料金をパッケージ版よりも低価格に設定することで、今までは高価で手が出せなかったユーザー層へもシェアを拡大することに成功したのです。

このビジネスモデルの成功のポイントは、高価だった製品を低価格の月額料金で利用できるようにしたという価格面のメリットだけでなく、それまで抱えていた問題を解決できるという付加価値を顧客に提供することができたことにあります。

 

大手通販企業での成功例

通販でも実店舗での販売でも、商品の購入は1回ごとの取引が基本ですから、小売業の多くはフロービジネスにあたります。

しかし、Amazonは会員制を導入することで小売販売にストック性を持たせることに成功しています。

同社は有料会員のみが利用できるさまざまな特典を提供し、月額料金によって収益を拡大していくビジネスモデルを構築し、優先配送や定期購入、会員限定セールなどを会員限定で提供しています。

無料会員でも通常の通販は利用できますが、有料会員はよりプレミアムなサービスという位置づけし有料会員向けの付加サービスとして、動画や音楽、電子書籍などのデジタルコンテンツの配信も手がけています。

コンテンツ配信は会費のみの定額制で利用し放題のため、サブスクリプションの成功例ともいえるでしょう。

実際に多くのユーザーが高い価値を感じ、有料会員になることを選択しています。

その結果、たとえ通販の注文が少ない時期があったとしても、安定的に収益を得ることができるようになったのです。