サラリーマンの小遣い

サラリーマンの小遣い

サラリーマン小遣いで、2018年サラリーマンお小遣い調査によれば、サラリーマンの毎月お小遣いの平均額は¥39,836円だそうです。

 

ただし、未婚者は5万円近くなのに対し、既婚者は、3万円前後となっています。
では、サラリーマンの1回の昼食代と1か月の飲み代はいくらなのか?

20代は、一回の昼食代は541円で、一か月の飲み会代は13,041円。
30代は、一回の昼食代は592円で、一か月の飲み会代は 9,447円。
40代は、一回の昼食代は610円で、一か月の飲み会代は11,741円。
50代は、一回の昼食代は538円で、一か月の飲み会代は16,874円となっています。

 

サラリーマン小遣いで、新生銀行の発表では、お小遣いの使い道トップ3は、男性会社員は「昼食代」(43.1%)、「携帯電話代」(25.1%)、「嗜好品代」(18.8%)。

女性会社員は「昼食代」(36.6%)、「携帯電話代」(36.2%)、「身だしなみのための費用」(31.1%)となっています。

 

サラリーマン小遣いで、やりくり術は男性も女性も、昼食費を安くするか、弁当を持参するかでした。

また、パパはお小遣い制なのに、ママは家計から自由に使っている、という家庭も見かけます。
そんなに使わないからと言いながら、実はママ友とのランチや洋服・化粧品などを家計費から買っていて、それが原因で貯金できなかったとか、夫婦喧嘩になる事もあるそうです。

 

サラリーマン小遣いで、厳しい現実を認識したわけですが、これではサラリーマンが副業をしたくなるのも理解できます。

ただし注意点として、会社に副業がバレる事があります。
それは、友人からの密告でバレるのが一番多いのですが、もう一つは住民税を払うときに誤差でバレる事もあります。

 

 

サラリーマンと小遣い

サラリーマン小遣いは、収入の1割と昔から言われている。
30万円なら3万円である。(バブル時は7万円でした)。

 

子供がいるか、共働きかでも違ってくる。
小遣いの内訳は、昼食代・趣味代・飲み代の順のようだ。

ちなみに対策としては、弁当持参、水筒持参、衝動買いしない・・・。

 

サラリーマン小遣いで、毎朝早くから深夜まで社畜のように働いているパパだから、もっとお金が欲しいと言っても、湧き水のように湧いてくるわけではありません。

 

隣の芝は青く見えますが、無理して体を壊したのでは笑えません。

 

サラリーマン小遣いで、今の時代は、共働きは当たり前で、副業を始めている人もいらっしゃると思います。

サラリーマンに出世はありますが、成功はありません。

もはや我慢しながら会社勤めする時代ではないのです。
自分のライフスタイルを自分で描ける時代です。

サラリーマンは、雇い主の利益を作り出すのが使命です。
自分がやりたい事を実現する場ではありません。

 

サラリーマン小遣いで、政府が一億総活躍社会で副業を後押しするのは、個人の収入や生活を
会社としても国としても保証できないと暗黙に伝えているのです。

 

あと5~10年もしたら、世の中の30%~50%の仕事は、人からロボットやAIに代わってしまう自動化の時代に来ています。

副業でしっかり稼ぎたい。
将来的にはサラリーマンを辞めて独立したい。

家族と一緒に過ごせる時間がもっと欲しい。
たった一度の人生だから!!
・・・と思うあなたに!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。