エッセンシャルオイル(精油 )の製造方法

素晴らしい香りで、
私たちに精神面や肉体面で恵みを与えてくれる
エッセンシャルオイル(精油)は、
どのような方法で作られるのか?

 

最も多く用いられる「水蒸気蒸留法」は、
10世紀〜11世紀ごろには既にその方法が確立されていた
歴史の古いものです。

 

1. 水蒸気蒸留法
多くのエッセンシャルオイル(精油)がこの方法で抽出されます。
原料の植物を蒸留釜に入れて、そこに水蒸気を送り込みます。
すると植物中にある精油成分が遊離、気化し、水蒸気と一緒に上昇します。

この精油成分が混入した水蒸気を冷却層で冷却すると、液体に戻りますが、
エッセンシャルオイル(精油)は水には溶けない性質を持ち、
水よりも軽い(一部の精油は水より重い)ため、
水とエッセンシャルオイル(精油)の2層に分かれて溜まります。

ここから水と分離して取り出すことにより、
100%純粋のエッセンシャルオイル(精油)を得ることができます。
分離された水には、水溶性の芳香成分と微量の精油が残っており、
芳香蒸留水(フローラルウォーター)として利用されます。

 

2. 圧搾法
オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、マンダリン、ゆずなど
柑橘系果実の果皮からエッセンシャルオイル(精油)を抽出するときに
用いられる方法です。
オレンジの皮を手で二つに折って押しつぶすと、液体が飛び散りますが、
これがオレンジの精油そのものです。

柑橘系の精油を蓄えている油胞(精油が溜まっている袋)は
ハーブや花の油胞と比べるとはるかに大きいため、
圧搾するだけで簡単に精油を抽出することができます。

昔は手作業で果皮を絞っていましたが、
現在はローラーや遠心分離器などの機械を使っています。
圧搾法は、水蒸気蒸留法と異なり、熱による影響を受けないため、
デリケートな成分を損なうことなく
新鮮な香り成分を取り出すことができるという利点があります。

 

3. 溶剤抽出法
水蒸気蒸留では、熱や圧力、水分によって精油成分が壊されてしまうような
デリケートな植物に使われる方法です。
温めた揮発性の溶剤に原料植物をいれると、
精油成分が他の物質と一緒に植物から出てきて固り、
コンクリートと呼ばれる物質になります。

コンクリートにエタノールを作用させて精油分を分離した後、
低圧をかけてアルコールを蒸発させて精油を得ます。
溶剤抽出法で得られたエッセンシャルオイル(精油)のことを、
アブソリュートと呼びます。

アブソリュートは、熱や水によって精油成分が損なわれることがないため、
非常に美しい香りがします。
例えば、ローズには水蒸気蒸留法で抽出されるローズ・オットーと、
溶剤抽出法で抽出されるローズ・アブソリュートがありますが、
香りのみを比較した場合は、
ローズ・アブソリュートのほうが美しく、勝っています。

 

4. 油脂吸着法・・・アンフラージュ法(冷浸法)
5. 油脂吸着法・・・マセレーション法(温浸法)
6. 超臨界抽出法(液化二酸化炭素抽出法・CO2蒸留法)

 

参考までにこちらもご覧ください:ドテラ よくある質問

 

天然の草木等を利用する点では漢方やハーブと似ていますが
製造方法になると全く違うようです。
水蒸気蒸留法って凄いですね。

 

一度お使いになるとハマってしまうかも知れません。
詳しくは下記を参照してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、
0円で集客し、教育できているのか?

お問い合わせ

 

 

登録費なし
毎月の定期購入なし

必要ないものに毎月1万円も払うの嫌じゃないですか?
欲しい時に必要なものを買えばいいんです!

DSA世界20位の会社!

お問い合わせ

 

 

アースリズムで心と体が整った
家庭の置き薬としてご利用される方が多数。

成長率130%の会社。

お問い合わせ

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。