認知症予防にアロマの使い方

認知症に効果の高い精油(エッセンシャルオイル)の使い方。
参考:認知症予防に対するアロマセラピーの可能性(鳥取大学医学部)

 

匂いを嗅ぐだけで薬でもないのに、認知症が芳香療法で改善?
そんなバカな!と普通の人は思うもんです。

 

アルツハイマー型認知症の初期は「物忘れ」の症状が始まる前に「臭覚」が衰えてきます。
他の方が「何か匂いがする」と言っても一人だけ気づかないことがあるんです。
これは認知症が少しづつ始まっている症状の一つなんです。

 

芳香療法は、植物から抽出した精油を用いて行う代替療法の一つで、ドイツでは医療として認知されている。
日本でもアロマテラピーという名前で知られつつあります。

  • 香りを楽しむ(鼻から大脳に届き自律神経に、または肺に届き血流促進に)。
  • 足裏や背骨周辺から経皮吸収して毛細血管まで血液サラサラに)。

 

効果的な使い方:朝、ローズマリー2滴 + レモン1滴。
夜、ラベンダー2滴 + オレンジ1滴。

 

介護施設などで認知症の改善に役立てようと取り入れられている。
その他、神経科、小児科、産婦人科、歯科などで活用されている。

 

介護施設では、認知症の患者さんが香りを嗅いでいくうちに、顔色や表情がだんだんはっきりしてくるそうです。
臭覚機能を回復させると記憶まで刺激するそうです。

 

参考:鳥取大学医学部「アルツハイマー病患者に対する、アロマセラピーの有用性」

 

参考までにこちらもご覧ください:厚生労働省の医療費

 

 

 

 

 

 

 

なかば信じられないでしょうが、一度お使いになるとハマってしまうかも知れません。
年金不安の心配もありません。
詳しくは下記を参照してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、0円で集客できているのか?
お問い合わせ

 

今や時代の主流は、SNS×LINE=集客。
毎月100人集客する方法。
お問い合わせ

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。