キーワードはお客のイメージに合致

記事を書く時に、一番重要なものは内容よりキーワードです。
なぜなら、キーワードを外すと、そのページにたどり着きません。
その記事を、誰も見ることができないからです。

読者の願望や悩みは、「心の叫び」と言われます。

 

ビジネス業界で基本的な考え方の1つに、
読者が願望や悩みを痛いほど感じ、


その緊急性が高ければ、
その願望や悩みを解決する商品は必ず売れます。

 

しかし、いくら良い商品があったとしても、
ただ待っているだけでは、商品を売ることは出来ません。

その商品が、ここにあるという事を知らしめねば、
お客さんは買いたくても素通りします。

できれば、必要性を感じさせれば
先買いしてくれます。

 

どうすれば良いかというと、

その悩みや問題が起きてしまった情景をイメージさせる。
そして、その悩みや問題を放置すると取返しのつかないことになる。
そういう情景をイメージさせるのです。

 

逆に願望なら、

願望を達成した姿をありありとイメージさせる事です。
願望を達成したときの喜びや嬉しさをイメージとして伝える。
それが上手くいけば、商品は売れるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

話をキーワードに戻すと、キーワードにも同じことが言えます。
つまり願望や悩みというのは、読者の心の叫びです。
その願望や悩みを言葉にしたものが、「キーワード」です。

 

そしてタイトルは、それをイメージさせるもの。
ありありと目で見えるようでなくてはなりません。
それが「キーワード」と「タイトル」なのです。

 

競合が激しいキーワードの場合は、
ライバルも多いので、キーワードを2~3個を組合わせて
複合キーワードとして、問題や悩みを絞り込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

あくまで、googleの判断ですが
googleは内容とキーワードが近いものを選ぶようプログラムされています。

例えとして、ラーメン屋さんで検索する人に対して表示されるのは、

地域を考慮して選ばれています。
“東京 ラーメン屋”とか、“札幌 ラーメン屋”とかです。
単に“ラーメン屋”だと広がり過ぎて、的が絞れなくなります。

 

検索結果とは、他のホームページとの競合の世界なので
他より上位表示されるよう書く必要があります。

とんちんかんな自分よがりなキーワードでは、
せっかく作った記事を見ることができない!ということです。

 

参考までにこちらもご覧ください:ターゲットを絞るメリット

 

ドテラは初期投資が非常に少ないです。
紹介者がいないのであれば私、赤洲次郎より登録してください。

 

フォローは十分にさせて頂きます。
詳しくは下記を参照してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、
0円で集客し、教育できているのか?

お問い合わせ

 

 

登録費なし
毎月の定期購入なし

必要ないものに毎月1万円も払うの嫌じゃないですか?
欲しい時に必要なものを買えばいいんです!

DSA世界20位の会社!

お問い合わせ

 

 

アースリズムで心と体が整った
家庭の置き薬としてご利用される方が多数。

成長率130%の会社。

お問い合わせ

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。