お茶しようの目的

なぜか?
勧誘をする時は、「お茶しよう」と誘うのが
お決まりの言葉みたいです。

「お茶する」が一番、
相手の足取りも軽いのか?

 

ランチだと、
時間が限られるし、
食べるほうに集中して、
話が散漫になりがち。

おごってあげるとなると、
ランチよりお茶のほうが
安くあがる。

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、今まで何回
「お茶しよう」と勧誘されましたか?

私の場合は
トータル3回は超えています。

スキがあるのでしょうか?
暇だと思われているのでしょうか?
気が弱いと見られているのでしょうか?

 

でも相手の方は、お茶しても
なかなか本題に入れず、
お茶する回数ばかりが増えていく。

結論を言えば、
ビジネスの話で勧誘されても
自分が興味なければ話は前に進まない。

イヤな雰囲気だけしか残らない・・・。

 

 

そもそも、法律的に言えば、
「勧誘」目的を明示しないのは違法なんです。

知らずに誘っても、
知っていて誘っても、
違法は違法です。

 

それより、
インターネットで興味ある人に説明するほうが
ラクだし、スムーズに話が進みます。

 

 

 

 

 

 

参考までにこちらもご覧ください:特定商取引

 

ドテラは将来的に不労所得になります。
紹介者がいないのであれば私、赤洲次郎より登録してください。
フォローは十分にさせて頂きます。
詳しくは下記を参照してください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故、私が在宅のまま、
0円で集客し、教育できているのか?

お問い合わせ

 

 

登録費なし
毎月の定期購入なし

必要ないものに毎月1万円も払うの嫌じゃないですか?
欲しい時に必要なものを買えばいいんです!

DSA世界20位の会社!

お問い合わせ

 

 

アースリズムで心と体が整った
家庭の置き薬としてご利用される方が多数。

成長率130%の会社。

お問い合わせ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。